kenkou

宇太水分神社

udamikumari




  祭  神:天水分神 速秋津彦神 国水分神
  説  明:天水分神と国水分神は、速秋津彦神と速秋津姫神の八柱の子供
       のうちの二柱です。
       速秋津彦神と速秋津姫神は、それぞれ、河と海を掌握する神様
       で、その子供は、沫那芸神・沫那美神(あわなぎ・あわなみ)、
       頬那芸神・頬那美神(つらなぎ・つらなみ)、天水分神・国水
       分神(アメノミクマリ・クニノミクマリ)、天久比奢母智神・
       国久比奢母智神(アメノクヒザモチ・クニノクヒザモチ)の八
       柱です。それぞれ、水の泡沫、水粒、分水領、ひさご(瓢箪の
       こと、水を汲むのに使った)を表す言葉を対にした神々なのだ
       そうです。
  住  所:奈良県宇陀郡菟田野町大字古市場
  電話番号:0745−84−2613
  ひとこと:ここに、神が対になる時のパターンが3つ出てますね。
       彦・姫、芸・美(ギ・ミ)、天・国。それぞれ一つ目が陽(男)
       を表し、二つ目が陰(女)を表すようです。

       それにしても、女性が海・男性が河というのは、昔からのイメ
       ージですかねぇ。母なる海から、分かれて、あちこちに流れて
       いく河・・・。なんてね。
       母はどっしり動かない・・・なんて男性の幻想なんだけどなぁ。
       なんてね!!!

       さて、宇陀郡下井足にも縣社宇太水分神社があり、二つで一社
       である、いや、上の宮・下の宮である、などと言われています。
       下井足の水分神社の方が北にあるから、こちらが上の宮だ・・
       ・って思うのは、よそ者ですね。古市場の水分神社の方が、芳
       野川の川上にあるから、上の宮なんです。

       また、この神社の境内には、頼朝杉と呼ばれる杉があります。
       源頼朝が幼少の時、この神社に詣で、この杉苗が大きく育つこ
       とがあれば、自分も天下を治める大将軍になれると占うために
       植えたものだそうで、現在あるのは、二代目なんだそうです。
       結果は、ご存知の通り、一代目の杉もさぞかし大きく育ったの
       でしょうね。

home 神社のトップに戻ります back