renai

木華佐久耶比咩神社

konohanasakuyahime




  祭  神:木華佐久耶比咩命
  説  明:境内案内板を引用します
      「当社は本国総社神名帳に神階従四位下木華佐久耶比咩明神と記載され、備前国式外百二八社のうちの一つで、御
       鎮座この方、千四・五百年を経ている古社であります。
       また中世より明治に至るまで福南山妙現宮と称せられ、熊野五流一山の修験道場として栄え、近世においては、
       備前池田藩累代の御祈願所として崇敬されました。
       木華佐久耶比咩命は大山祇命の御子にて天照大神の御孫瓊瓊杵尊の御妃となられ、桜の花の如く御心身ともに麗
       しく日本国最古の国母の女神であります」
  住  所:岡山県倉敷市福江1671‐4
  電話番号:
  ひとこと:式外社とは、延喜式神名帳が編纂された当時には、すでに鎮座していたのに、なぜか記載されていない神社を指
       します。
       
       つまり、朝廷側から見ると「神社とは認められん神社」ってこと。
       反体制側の神社だった可能性が高いと思われるわけです。
       
       それが備前には128社もあるってのが面白い。
       
       どうやら、備前国総社宮の宮司武部聡明氏が、現在伝わっている備前国神名帳(総社本・総社異本・西大寺本・
       廣谷本・山本氏本・大瀧本・一宮左楽頭本・金剛寺本)をもとに造ったのが、『備前国神名帳』のようですね。
       
       この神社の御祭神は、木華佐久耶比咩ですが、笠岡市には、同じ九州出身の皇后神とされる興世明神を祀る、神
       島神社が鎮座しています。
       
       古代、九州とこの地には、深い交流があったのかもしれませんね。

home 神社のトップに戻ります back