renai

日下神社

kusaka

kusaka

神社が鎮座する丘?




  祭  神:若日下部王
  説  明:旧河澄家のニュースレターを引用します。
      「日下神社古墳
       旧河澄家のある日下町には日下神社があります。この日下神社が祭られている丘は横穴式石室
       を持った古墳で神社本殿下に完存しているとのことですが、その由緒や祭神など詳しいことは
       あきらかになっていません。
       古代の日下町は、河内潟のもっとも奥まったところにあり、草香津という港により西側の難波
       の海と水路で結ばれ、東側は日下の直越(ただごえ)の道で生駒山系を超えて大和からの最短
       ルートで結ばれた交通の要所であった場所です。
       また日の下と書いて日下と読むこの地は、太陽が昇る地として崇められ日神信仰の原点ともい
       うべき聖地でもありました。瀬戸内を通ってやってきた弥生時代の渡来人は難波の中でも最も
       東にある草香津に上陸し、そこを太陽の昇るところとみなしたことに由来しているのかもしれ
       ません。
       和同五年(712)に完成した『古事記』を撰述した太安万侶は、その序文で『日下をクサカと
       よむ類は元のままにして改めない』と、そのままでは読みづらい日下という名前について古く
       からの読み方を敢えて修正しないことを記しており、日下を古くからクサカと読まれていたこ
       とがうかがえます。
       その『古事記』には、日下には五世紀前半に仁徳天皇の子であった大日下王と、その妹で後に
       雄略天皇の皇后となった若く和歌部王、別名で草香幡梭姫皇女が居住していたことが述べられ
       ています。大日下王と、若日下部王の兄妹には、それぞれ大日下部、若日下部という御名代が
       直轄地として与えられていたという記述もあります。すなわち日神信仰の聖地で日神のために
       神衣を織る巫女的女性であったのではないかと考えられています。その若日下部王を后とする
       ために雄略天皇は日下の直越の道を辿って大和から日下へ妻問いにやってきたことも『古事記』
       に述べられています。
       その後、大日下王は讒言によって安康天皇によって殺害され、その子眉輪王も雄略天皇に滅ぼ
       されましたが、雄略天皇の皇后である若草香部王の御名代を引き継いだ日下部氏はその後も、
       聖地日下で日神信仰の祭祀を執り行う集団として、御名代の管理を継続し、軍事的にも勢力を
       維持し続けていたともいわれています。
       日下町の端の山麓に位置するイノムラキ古墳は日神信仰の祭祀を執り行ったとされる日下部氏
       が築いたものではないかとされていますが、その麓にある日下神社古墳についても同様に日下
       部氏が彼らの祖である若日下部王を祭ったものではないか、またその上に築かれた日下神社の
       祭神は、若日下部王ではないかという可能性も浮かび上がってきます」
  住  所:大阪府東大阪市日下町1丁目
  電話番号:
  ひとこと:若日下部王が好きなんです。
       暴虐とされた雄略天皇がメロメロになった皇后。
       誰かから諫められたりしようもんなら、殺すこともいとわなかった雄略天皇ですが、皇后から
       諫められると「こんな素敵なアドバイスをくれる奥さんをもらった僕は、なんて幸せなんだろ
       う」みたいなことを言ってますからね(笑)
       
       若日下部王を祭る神社は他にないので、「一説には」だとしても、参拝にいきたかったんです。
       
       古墳が完存する丘の上に鎮座する……と説明にありますが……丘???
       よくわかりませんでした(^^ゞ

home 神社のトップに戻ります back