躑躅(つつじ)

tsutsuji




  花 言 葉:節制

  伝   説:ツツジというと、植え込みに使われる花というイメージが強くありませ
        んか?
        
        だから、山の上に咲いている、背の高いツツジにはちょっとしたカルチ
        ャーショックでした。
        
        関西でツツジと言えば葛城山が有名ですが、なぜあの山がツツジの名所
        となったかご存知ですか?
        
        葛城は別名「篠峯」と呼ばれる通り、竹の多い山だったとか。
        
        ところが昭和45年、その竹が一斉に花をつけ、それを機にすべて枯れ
        てしまったんだそうです。
        
        背の高い竹が枯れると、その下で目立たなかったツツジが太陽の光を体
        いっぱいに浴び、真っ赤な花を美しく開かせるようになったんですって。
        
        なんだか不思議な話ですよね。
        
        ちなみに竹の花はすごく不吉とされます(^^ゞ
        天変地異の前触れとも。
        
        開高健の「パニック」では、普段にはない竹の実で山が富み、鼠が増え
        過ぎてしまい、その鼠がついには田畑を遅い、疫病が流行る……という
        ような説明がされていましたが……。
        
  蛇   足:子どもの頃、ツツジの花の蜜が大好きでした(笑)
        花を茎からスポットと採って、チュッと吸うと、甘い蜜が口の中に入っ
        てきます。
        
        今はそんなほのかな甘さに飢えてはいませんが、私が子どものころは、
        それが貴重な甘味料だったんですよ(笑)
        
  参考文献等:
  情報提供者:       



home 野山のトップに戻ります back