kenkou

坐摩神社

ikasuri




  祭  神:生井神 福井神 綱長井神 波比岐神 阿須波神
  説  明:以上五柱の神を総称して、坐摩(いかすり)神と言うのだそう
       です。
       波比岐(はひき)神・阿須波(あすは)神については、古事記
       によると、大歳神と天知迦流美豆比売(あめしるかるみづひめ)
       の10柱の御子神のうちの2柱です。
       阿須波神は、足場で、家や旅立ちの神様。波比岐神は、這入君
      (はしき)で、屋敷神様なのだそうです。
       生井(いくゐ)神・福井(さくゐ)神・綱長井(つなながゐ)
       神については、資料がありませんが、すべて「井」がついてい
       ます。井は水に通じ、水は薬に通じます。
       また、「産湯」にも通じますね。
       この祭神の神徳を「住居守護・旅行安全・安産」と由緒書には
       記されていますから、「井」は「安産」の為の産湯なのかもし
       れません。
  住  所:大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺3号
  電話番号:06−6251−4792
  ひとこと:おなじ場所に陶器神社があります。

       さて、栞に旅行中の安全を坐摩神に祈る防人の歌が万葉集に載
       っている、とありますが、それは、
      「庭中の阿須波の神に木柴さし、吾は斎はむ帰り来までに」
       のことでしょうか。昔の旅は、今の旅行と違い、「無事に帰っ
       てくる」ことが大切だったんでしょう。
       しかし、よくわからないのが、「庭中の阿須波の神」って表現
       なんですが、何を、阿須波の神に見たてているんでしょうか。
       祠?だとしたら、庭中のってのは、変ですよね。
       足場、と考えたら、庭石?
       庭石に、木柴をさすのは、無理ですよねぇ。
       あ、そうか!
      「庭中」は、「にわじゅう」じゃなくて、「にわなか」ですね。
       庭の中に、阿須波の神様の祠があるんですね。きっと。
       自己完結。失礼しました。

home 神社のトップに戻ります back