雀蛾(すずめが)

suzumega




  伝   説:日本にハチドリがいた!
        という驚きの声をときどき聞くんですが……。
        
        実は、私もそう勘違いした一人ですが(^^ゞ
        
        それはたぶん、「雀蛾」でしょう。
        
        雀蛾は日本にいるだけでも10種類以上を数えるようですが、一番よく
        見掛けるのが、写真の「大透翅(オオスカシバ)」でしょう。
        昼行性なので、人目につきやすいんです。
        
        丸い目やずんぐりした胴体、鳥によく似た尾。
        とてもかわいらしい蛾です。
        
  蛇   足:私が梔子の花を、うとましいと思いつつも嫌いになれないのは、この虫
        の幼虫が、梔子の葉っぱにつくからです。
        
        秋ごろになると、梔子の樹の下に、虫の糞がいっぱい落ちていて、その
        上あたりを探すと、オオスカシバの幼虫が熱心に葉っぱを食べています。
        
        公園の植木にも梔子があり、夏になると、かわいらしい成虫がたくさん
        飛んでいます。
        
        ちなみに、この虫が、蛾ではなく蜂だと勘違いされる理由は、鱗粉のな
        い透明な翅のせいですが、羽化したばかりのときは鱗粉がついているの
        だそうです。
        
        でも、羽ばたくとすぐに透明になるため、鱗粉のついたままのオオスカ
        シバが目撃されるのは、ごくごくまれのようです。
  
  参考文献等:
  情報提供者:       



home 野山のトップに戻ります back